本気度100%中国制作ミリタリー映画オペレーションレッドシー

オペレーションレッドシー

中国制作の本格ミリタリーアクション映画「オペレーションレッドシー」を見ました!

実際見てみると、久々にあんな迫力があって本格的なミリタリー映画見ましたね!制作した中国ではメガヒットしたみたいです、メガヒットしただけあってほんとに凄かった!

感想、解説(※ネタバレ含みます)

まずひと言、わたくし管理人は大満足におもしろかった(笑)

あえて点数をつけさせてもらうと86点

本編の尺も140分ちょいとけっこうな長編ですが全然飽きがこない!
なぜなら本編140分間ほぼ戦闘シーンで逆に見てるこっちが追い込まれる!戦争アクション、ミリタリーアクション好きならかなりツボにハマるであろう内容になっています。

苦手な人にはどうかなと思うシーンもあって、この映画はリアルに近づけているぶんグロめな描写もけっこう多い、兵士の手足が吹っ飛んでるわ体が引きちぎれてるわで、、そして蛟竜隊メンバーの負傷もえげつない、指がとんで片腕が吹っ飛び頬がえぐれているメンバーもいる、そして戦死するメンバーも何名かいます。そういうシーンがけっこうあるんで苦手な人はけっこう疲労してしまうかもしれないですね(汗)

戦闘シーン

大迫力の戦闘シーン

とにかくオペレーションレッドシーは戦闘シーンが大の見どころ!
何発撃つんだっていうぐらいの銃撃戦はあたりまえで武装勢力からおみまいされる迫撃砲なんか何発とんでくるんだよっていうぐらいの大爆発!
本編中の爆発シーンはド派手な演出で迫力がもの凄いです
「それってどんなもんだよ」と思った人は、オペレーションレッドシーの戦闘シーンを見てもらうのが一番!

戦闘シーン2

あとスナイパーシーンにかなり重点をおいてます。
スナイパー同士の戦いや迫撃砲の破壊、遠距離からの援護などなどスナイパーものが好きな人も見ていておもしろいんじゃないでしょうか!

戦闘、アクションシーンが多めなミリタリー、戦争映画好きならぜったい見たほうがいいと思います

オペレーション:レッド・シーを動画で見る

オペレーション:レッド・シーは動画配信サービスU-NEXTで見ることができます。
※期限により動画配信が停止している場合があるので事前にU-NEXTで情報をご確認ください

U-NEXTは国内最大規模の動画配信サービスで見放題の動画本数もかなり多いのが特徴!


こちらからU-NEXTに直接登録できます >>

U-NEXTについて詳しく説明しています >>

余談ですが
個人的に好きなシーンがあって蛟竜隊が中国領事を救出に向かう際、建物内に侵入するため建物の屋上から移動します、その移動シーンに使う装備が「ほんとこんな感じなの!?」って思うぐらい最新鋭装備でかっこいいんですよ!進撃の巨人の立体機動装置を感じられます(笑)(ここは見た人ならわかってくれるかなー)

制作年2018年
制作国中国、モロッコ
本編時間137分
監督ダンテ・ラム
出演チャン・イー、ホアン・ジンユー、ハイ・チン

あらすじ、ストーリー

海軍特殊部隊(蛟竜隊)の人質救出作戦

中東で内戦が勃発し中国人が人質に捕らわれるという事態に、、中国海軍特殊部隊の蛟竜隊に人質救出任務がくだされる。蛟竜隊は現地に入り中国領事と領事館の自国民救出に成功するが現地のジャーナリストからSOSが入りテロ組織に拉致された人間の中には中国人女性が含まれているという。蛟竜隊が中国人女性救出にむかいますが、救出するために進まなければいけないルートは超が付くほど危険地帯!、、、そして中国人女性が拉致された先には約200人の武装勢力が、、、蛟竜隊8人VS200人の武装勢力という絶体絶命な状況のなかで人質救出という任務を無事完了できるのだろうか、、、

「オペレーション:レッド・シー」予告
オペレーション:レッド・シーを動画で見る

オペレーション:レッド・シーは動画配信サービスU-NEXTで見ることができます。
※期限により動画配信が停止している場合があるので事前にU-NEXTで情報をご確認ください

U-NEXTは国内最大規模の動画配信サービスで見放題の動画本数もかなり多いのが特徴!


こちらからU-NEXTに直接登録できます >>

U-NEXTについて詳しく説明しています >>