SFアクション!謎のクリーチャーに襲われる「DOOM」の2作目

DOOMアナイアレーション

ドウェイン・ジョンソンが主演してなかなかヒットしたSFアクション映画「DOOM」の2作目がレンタルされてたんで見てみました。

はたして「DOOM」の2作目はどうだったのでしょうか?

・1作目のDOOMについても記事をかいてます!気になったかたは読んでみてください

感想、解説(※ネタバレ含みます)

アクションパートが前作より見応えありました!

あえて点数をつけさせてもらうと79点

前述したようにアクションパートは前作よりだいぶよかったと思っています。
前作のアクションの見どころがラストのドウェイン・ジョンソンとカール・アーバンのタイマンバトルぐらいだったからなー(笑)

2作目のアクションは見どころがなかなか多いです!銃アクションもおもしろいですし、なにより格闘アクションが良かったと思います。

どの格闘技をベースにしているかわからないんですけど、自身の格闘・戦闘スキルでゾンビと化した人間をそれなりに倒していきます。
さらにナイフでの格闘アクションシーンもありでおもしろい、そしてさらにチェーンソーも使っちゃたりしてこれまたおもしろい!

それもこれも主演のエイミー・マンソンがだいぶアクションをがんばっていたおかげだと思います。

根本SFものですがヒロインものとしてもおすすめできるアクション映画です!

ヒロイン

まとめに入っちゃますが、とくに1作目のDOOMと話しのつながりはないので、いきなり「DOOM/アナイアレーション」から見ても問題ありません。
「エイリアン」とか「プレデター」などのSFアクション映画好きな人は一度見てみてもいいかもしれません(w

クリーチャー
DOOM/アナイアレーションを動画で見る

DOOM/アナイアレーションは動画配信サービスdtvで見ることができます。
※期限により動画配信が停止している場合があります

dtvは、月額料金が550円とかなり安めな設定なのでお得!


パイレーツオブカリビアン こちらからdtvに登録ができます

こちらからdtvの登録方法など解説しています >>

制作年2019年
制作国アメリカ
本編時間97分
監督トニー・ジグリオ
出演エイミー・マンソン、ドミニク・マフハム、ニーナ・バーグマン

あらすじ、ストーリー

海兵隊中尉のジョーン(エイミー・マンソン)は、ある任務の失敗からジョーンとジョーンのチーム員は火星の衛生フォボスにある研究所の警備任務を任されることになった(いわゆる左遷)

フォボスに着くと停電がおきていてあらゆるシステムがダウンしていた。
研究所は人の気配がなくとても不気味な状況。
海兵隊員たちは、そんな異常な研究所内をシステム復旧ため研究所内の人間を探すため捜索を開始する。

--時間はさかのぼって--
火星の衛生フォボスにある研究所でゲートとよばれる古代のテレポーターを使用して人体の瞬間転送実験がおこなわれていた。
そして被験者の1人にゲートを通過させると転送実験は成功したが、、、ゲートを通過した被験者は体の一部が変形した姿で現れた。

次にベトルーガー博士自らがゲートを通過する、、、そして博士がゲートを通過すると異型な姿をしたクリーチャーが現れる。
そしてクリーチャーが出現すると、フォボス研究所のシステムはオフラインになってしまった。

--時間をもどし--
研究所内を捜索している海兵隊員の前に狂暴化した研究所員とクリーチャーが姿を現し襲いかかってきた。

海兵隊員たちは装備している銃や格闘術で応戦!

次から次へと現れる狂暴化した人間やクリーチャーと戦闘を続けるも犠牲になっていく仲間たち、、
この地獄のような状況をジョーンたちは切り抜けることができるのか。。

「DOOM/アナイアレーション」予告
DOOM/アナイアレーションを動画で見る

DOOM/アナイアレーションは動画配信サービスdtvで見ることができます。
※期限により動画配信が停止している場合があります

dtvは、月額料金が550円とかなり安めな設定なのでお得!


パイレーツオブカリビアン こちらからdtvに登録ができます

こちらからdtvの登録方法など解説しています >>